トップ  >  進路情報  >  進路指導の目的と概要

柏崎高校進路指導の目的と指導の概要


1 目的

(1) 充実した高校生活を送るために
@生活のリズムを確立し、時間管理ができること(起床・就寝・家庭学習開始時間の3点を固定する)   
A学業と部活動の両立ができること(部活動+家庭学習=5時間以上、週当たり21時間以上の学習時間の確保、を
 常日頃意識する)   
B授業を大切にすること(予習→授業→復習のサイクルを確立する)
 
(2) 確固とした進路目標を決めるために   
@自己理解を通して職業観を高めるとともに、大学入試についての知識を深めること   
Aオープンキャンパスへの参加等、進路情報の活用に努めること   
B現状の成績に固執せず、常に目標を高く設定すること   
 
(3) 周囲から求められる社会人となるために   
@他者に対して素直に感謝できる誠実さを身につけること   
A自ら課題を見つけて、解決に向けて努力し続けられる力を養うこと   
B他者の考えを理解し、その上で、自らの考えや意見を論理立てて伝えることのできる力を育てること   
C「学び」を通し、自己を磨き人間性を高めること

2 各学年の重点目標

                 
進路目標関連行事
1年 @自分の適性や能力の発見・把握に努め、文理選択に向けて、大学の系統と職種等の関係を理解する。
A自己の将来像や生き方を興味・関心から描き、的確な文理選択に生かす。
B学習に対する姿勢を固め、家庭学習の習慣を確立する。
学習初期指導
進路ガイダンス
文理選択
職業人講演会
2年 @大学の系統から学部・学科へと理解を深化させ、オープンキャンパスや大学講義体験授業を通して学問の一端に触れる機会を増やす。
A志望大学を絞り込む中で受験科目を把握し、次年度に向けての適切な科目選択を行う。
B受験を意識して授業に臨むとともに、目標を高く設定し、遅くとも3学期には第一志望の進学先を固める。
進路ガイダンス
大学講義体験授業
学部学科研究
進路の志望理由書作成
3年 @学習と部活動との両立をさらに図りつつ、受験生としての自覚を持ち、授業への姿勢を最大限高める。
A基礎基本を早期に確立し、様々な受験パターンに対応した記述力・応用力を身につける。
B複数の大学を比較検討の対象とし、柔軟な志望の選択を行うとともに、成績の伸長を考慮しながら、受験科目を絞らず最後まで粘り強く進路実現に取り組む。
進路講演会
 (ベネッセ・河合塾等)
進路ガイダンス
夏季課外授業
出願検討会
土曜講座
小論文・面接ガイダンス
特別編成授業

3 指導の概略

(1)充実した「進路ガイダンス」と「進路講演会」
本校では、「受験は団体戦」を合言葉に、一人ひとりの目標は違っても、すべての生徒がそれぞれの目指すものに向かって全力で励むこと を奨励し、また応援します。「個々の努力」が「全体の力」としてまとまるこ とで、さらに大きな力を生み出します。そのため、全員の目線を合わせ、心を一つにする手立てとして、3年間を通して数多くの「進路ガイダンス」を 行います。また、「目標は高く」「現役生は最後まで伸びる」をキーワードとして、受験期を粘り強く学びぬくための意識啓発の視点から、また、 模擬試験結果の分析を全員で共有し目指すべき方向をみんなで考えるという観点から「進路講演会」も計画的に実施します。
(2)職業人講演会・大学講義体験授業
キャリア教育の一環として、1年次には職業人講演会、2年次には大学講義体験授業を実施しています。職業人講演会では7〜8名の社会人の方をお招きし、仕事の魅力や苦労話、 その職業に就くためには何が必要かなどをお話しいただきます。大学講義体験授業では、県内外の大学の先生8名程度をお招きし、大学での講義の一端を紹介していただきます。 いずれも生徒は各自の興味関心に従って、2つの講座を受講します。
(3)卒業生合格体験講演会
大学等に合格した卒業生から、進路選択に至った経緯や学習方法、受験期の心構えなどを聞くことにより、受験に対するモチベーションを高め、本格的な受験期における学習の指針とするために実施している行事です。

4 『進路資料』の利用について

 冊子「進路資料」を在校生に配付しています。柏崎高校の進路指導関連行事だけでなく、過去の進路実績や合格体験記をはじめとして、本校の先輩たちが、目標を定め 試行錯誤をしながら、自らの志望に向けてひたむきに歩んできた足跡が掲載されています。授業や考査への臨み方から、受験・合格に至るまでの 努力の過程を読み取ることで、皆さんが壁に突き当たったときでも、それを乗り越えるための鍵が見つかるはずです。
 皆さんの座右のガイドブックとして、充実した高校生活や進路目標の実現に役立てて下さい。
ページの先頭へ